Explore Haruki Murakami and more!

言葉の響き。こーゆー受け取る側の感覚を身に付けたい。 『故郷の村から都会に出てきたインディオの青年の話。 貧乏な村ではあったが、飢えというものを彼は知らなかった。 『こんにちは』と挨拶をすれば言葉の響き方ひとつで、相手が空腹かどうか、体の具合が悪いかどうかまでちゃんとわかってしまう。 都会に出てお腹が減ると『こんにちは』を言ってまわった。挨拶を返してくれるがご飯は食べさせてくれなかった。 ここでは誰も言葉の響きというものを理解しないのだと、彼は気付いた。』 #読書#村上春樹#辺境近境#旅にでよう#出たいけど#と思うなら旅の本を読もう

言葉の響き。こーゆー受け取る側の感覚を身に付けたい。 『故郷の村から都会に出てきたインディオの青年の話。 貧乏な村ではあったが、飢えというものを彼は知らなかった。 『こんにちは』と挨拶をすれば言葉の響き方ひとつで、相手が空腹かどうか、体の具合が悪いかどうかまでちゃんとわかってしまう。 都会に出てお腹が減ると『こんにちは』を言ってまわった。挨拶を返してくれるがご飯は食べさせてくれなかった。 ここでは誰も言葉の響きというものを理解しないのだと、彼は気付いた。』 #読書#村上春樹#辺境近境#旅にでよう#出たいけど#と思うなら旅の本を読もう

坊ちゃん  昔の言葉、日本語

坊ちゃん 昔の言葉、日本語

ゴキブリの名称  ごきげんよう、おひさしぶり     『映画と漫画』は映像を『見せてしまう』という点で同じジャンルですが、そういう意味で言うと、『小説』は『音楽』の仲間ではないでしょうか?p49     優しさは想像力だ、とはよく言います。『世界中の人間が想像力を働かせれば、核兵器なんて一瞬にしてこの世から消える』という作家の言葉も、読んだことがあります。p50   青春とは何だと思いますか? 『僕にはきっと、特別あつらえの人生が待っている』と無根拠に思っている時期のことではないでしょうか?p104   旅行先でスパイに間違われてしまうところなどはまさに冒険譚のようですが、僕が楽しかったのはその部分ではなく、自分の測量誤差に気づいた科学者の苦悩や(帯には「彼らの誤りさえもが科学上の偉業だった」とあります)、決められた単位が世の中に浸透していかないもどかしさ(「人間は常に、『学べば分かる、より良い方法』よりも、『慣れている、より悪い方法』を好む」という言葉が印象的)のほうに面白みがありました。p213 ケン・オールダー  訳・吉田三知世

ゴキブリの名称 ごきげんよう、おひさしぶり 『映画と漫画』は映像を『見せてしまう』という点で同じジャンルですが、そういう意味で言うと、『小説』は『音楽』の仲間ではないでしょうか?p49 優しさは想像力だ、とはよく言います。『世界中の人間が想像力を働かせれば、核兵器なんて一瞬にしてこの世から消える』という作家の言葉も、読んだことがあります。p50 青春とは何だと思いますか? 『僕にはきっと、特別あつらえの人生が待っている』と無根拠に思っている時期のことではないでしょうか?p104 旅行先でスパイに間違われてしまうところなどはまさに冒険譚のようですが、僕が楽しかったのはその部分ではなく、自分の測量誤差に気づいた科学者の苦悩や(帯には「彼らの誤りさえもが科学上の偉業だった」とあります)、決められた単位が世の中に浸透していかないもどかしさ(「人間は常に、『学べば分かる、より良い方法』よりも、『慣れている、より悪い方法』を好む」という言葉が印象的)のほうに面白みがありました。p213 ケン・オールダー 訳・吉田三知世

気をつけ、礼。という言葉と動作を想像して手にとった本。  学校の先生と生徒たちの様々な短編小説。 『人間のいちばんビシッとした姿勢は、『気をつけ、礼』のあとの、これなんじゃ。』と気になった言葉もあったのだけど、 「この気持ち忘れずにいたいな。」「後悔しないように、精一杯やりたいな。」「だけど、後悔するような失敗もあるよな。」と、思って読み終えました。  もっと真剣に、もっと真っ直ぐに、もっと丁寧に接していきたいとおもいました。

気をつけ、礼。という言葉と動作を想像して手にとった本。 学校の先生と生徒たちの様々な短編小説。 『人間のいちばんビシッとした姿勢は、『気をつけ、礼』のあとの、これなんじゃ。』と気になった言葉もあったのだけど、 「この気持ち忘れずにいたいな。」「後悔しないように、精一杯やりたいな。」「だけど、後悔するような失敗もあるよな。」と、思って読み終えました。 もっと真剣に、もっと真っ直ぐに、もっと丁寧に接していきたいとおもいました。

日本では昔から神道の教えで『病気は穢れから起こる』と言います。 穢れというのは何かといいますとね、"ケ"が枯れるってことなんです。 "ケ"というのは何かというと気です。 健康とはただ病気でないという状態だけではなく、積極性が出てこないといけないということです。ヨーガで本当に健康になるということは病気の症状が消えたことだけではなく、精神的にも肉体的にも元気で社会にどんどんはいっていき、積極的に仕事ができる状態です。

日本では昔から神道の教えで『病気は穢れから起こる』と言います。 穢れというのは何かといいますとね、"ケ"が枯れるってことなんです。 "ケ"というのは何かというと気です。 健康とはただ病気でないという状態だけではなく、積極性が出てこないといけないということです。ヨーガで本当に健康になるということは病気の症状が消えたことだけではなく、精神的にも肉体的にも元気で社会にどんどんはいっていき、積極的に仕事ができる状態です。

日本人選手はすでに技術があり、新しいことを吸収しようとする意欲もある。 あとは"発想の転換"ー。これさえできれば、日本サッカーは驚くほどの進化を遂げられると、風間はかんがえているのだ。  そのために常識だと思い込んでいる『誤解』を、1つひとつ解きほぐしていく作業が必要になってくるだろう。  対面パス。相手を替えながらやる。 どのくらいのパスの強さならコントロールができるかを考えながら。相手を知る。  テクニックの練習をコーンに向かってではなくスペースに向かってやる。  『日本は何々をしないといけない、という意識になってしまっている。サッカーというのは『何をしなければいけない』ではなく、『何をしたいか』のスポーツだというのに。サッカーは遊びの延長だということを忘れてしまっている』p42  サッカーを、テレビで観るときは四角をみる。そうすると画面には映っていないところまでわかるようになる。p60  前を向いてボールをもらう、うける。そこから一対一。どれくらい相手が近いとプレッシャーに感じるかを、確かめる…

日本人選手はすでに技術があり、新しいことを吸収しようとする意欲もある。 あとは"発想の転換"ー。これさえできれば、日本サッカーは驚くほどの進化を遂げられると、風間はかんがえているのだ。 そのために常識だと思い込んでいる『誤解』を、1つひとつ解きほぐしていく作業が必要になってくるだろう。 対面パス。相手を替えながらやる。 どのくらいのパスの強さならコントロールができるかを考えながら。相手を知る。 テクニックの練習をコーンに向かってではなくスペースに向かってやる。 『日本は何々をしないといけない、という意識になってしまっている。サッカーというのは『何をしなければいけない』ではなく、『何をしたいか』のスポーツだというのに。サッカーは遊びの延長だということを忘れてしまっている』p42 サッカーを、テレビで観るときは四角をみる。そうすると画面には映っていないところまでわかるようになる。p60 前を向いてボールをもらう、うける。そこから一対一。どれくらい相手が近いとプレッシャーに感じるかを、確かめる…

ミッション(目的)とビジョン(目標) 人として成長、生きる力 試合の勝ち負け   選手を育てる3つの柱 ・挨拶 気持ちのこもった挨拶で相手の心の扉を開く ・返事 はい、いいえを自分でしっかり考えて判断する ・整理整頓 心を整え、最高のパフォーマンスを発揮するための準備ができる

ミッション(目的)とビジョン(目標) 人として成長、生きる力 試合の勝ち負け 選手を育てる3つの柱 ・挨拶 気持ちのこもった挨拶で相手の心の扉を開く ・返事 はい、いいえを自分でしっかり考えて判断する ・整理整頓 心を整え、最高のパフォーマンスを発揮するための準備ができる

特別ではない普通の生活と、少し明日が楽しみだなって思える日常をおくれることっていいなと思いました。  魂が私を見ていないかぎり、体はいれものだということを知ったよ。p120

特別ではない普通の生活と、少し明日が楽しみだなって思える日常をおくれることっていいなと思いました。 魂が私を見ていないかぎり、体はいれものだということを知ったよ。p120

This Week in Fiction: Haruki Murakami - The New Yorker. “Scheherazade” was included in a collection of stories you recently published in Japan, titled “Men Without Women,” all of which involve men who are without—or who lose—women. What inspired you to write this series?"

This Week in Fiction: Haruki Murakami

This Week in Fiction: Haruki Murakami - The New Yorker. “Scheherazade” was included in a collection of stories you recently published in Japan, titled “Men Without Women,” all of which involve men who are without—or who lose—women. What inspired you to write this series?"

『恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES』 - Murakami’s new release

『恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES』 - Murakami’s new release

Pinterest
Search